すぐできる!人気キャバ嬢になるためのたった1つのテクニック

未分類

キャバ嬢という仕事に興味はあるけれど、「外見は普通だし・・・」「話も特別おもしろくないし・・・」と、
自分にできるのか躊躇している女性もいると思います。

今日は、ちょっとした所作で、ほかのキャバ嬢と差をつけて人気になるテクニックをご紹介します。
「これならできそう」と思えたら、きっとあなたにもキャバ嬢ができると思います。

何をするかというと、それは、<心をこめたお酒作り>です。
水割りを作る時、多くのキャバ嬢はこのように作ります。

グラスに氷をガツガツ入れる

お酒をドボドボと注ぐ

水を注ぐ

マドラーでグルグルかき回す

氷がグルグル回っている状態で、グラスを差し出す

この動作を客観的に見ると、実は雑に見えます。
では、<心をこめたお酒作り>とは、どのようなものかというと、
次のような所作です。

グラスに手を添えて、もう片方の手で氷を静かに入れる

お酒のラベルが上になるように瓶を持ち、グラスに注ぐ

水をゆっくり注ぐ

マドラーでお酒と水をやさしく混ぜ、<マドラーの動きを止める>

グラスをお客様のコースターに置く

ここでのポイントは、マドラーの使い方=<マドラーの動きを止める>ことです。

グルグルかき回しっぱなしではなく、マドラーをグルグル→ピタッと止めることで、
品のある雰囲気が出せます。
お客様のグラスを大事に扱うことで、お客様は自分のことも大事にしてくれるのではないかと期待します。

このちょっとしたことで、「お!この女の子はほかの子と違う」ということで目を引くことができ、同時に気を引くことができます。

このことに気がついたのは、私がキャバ嬢になって少し経った頃のことでした。

どうしたら、お客様に指名してもらえるようになるのか?
人気のキャバ嬢と、そうでないキャバ嬢を観察していた時期がありました。

すごくかわいいのに、全然指名されないキャバ嬢がいました。
いつも愚痴ばかりで、お酒の作り方もがさつでした。

一方、顔は普通でしたが、いつも指名が入るキャバ嬢がいました。
ニコニコ接客しているのはもちろんですが、何だか全体的に色っぽいなと思いました。

そう見えるのは、何でだろう?と考えたとき気がついたのが所作のキレイさでした。
お酒の作り方が丁寧で、お酒を作っている姿も魅力的でした。

外見は簡単に変えられないけれど、これなら私にもできそう!と試してみました。
すると、お客様の見る目が変わってきました。
お客様は”女性”を求めて来ているので、”女性らしい”ということが、武器になるのですね。
外見が普通でも、おもしろい話ができなくても、
少しの気遣いで人気のキャバ嬢になることができます。
特別な技術はいりませんので、ぜひ試してみてくださいね。

Previous
あなたもなれる!男性から好かれる女子になろう!キャバ嬢のススメ★
Next
気配りと女性らしさをアピール