sentio hero

人気キャバ嬢になるためのテクニック

未分類

・必要な素質や才能
素直なこと、身が軽いこと(シャキシャキ行動するという意味です)、明るさ、細かいところに気づく、
いろいろな話題にも反応がよく、新聞とかも目を通し、TVや政治なんでも、知っているけど、
それを威張らず謙虚に、嫌みがない子、いじめない子です。
一度お客様の相手をしたら相手の名前は絶対に忘れないことですね。

連絡先を聞きメモしたり、お誕生日など記念日にはプレゼントを忘れないとか、これは大切です。
ちょっとした気配り、目配り、心配りはお客様にとって、日常のお仕事からホッと開放されるので、
家でも職場でもないやさしさ、おもいやりが大切です。

・お客様の前で気を付けていること
 
女性なので足を広げたり足を組むことはしてはいけません。
また、たばこを吸うのもNGです。

グラスが半分以下になると、ウィスキーだったら水割りを作ります。
ビールの場合は相手にもよるので、おつぎしてもよろしいですか?とお伺いをたて、どうするか判断する。
中には、こだわりのある方もいらっしゃいますので、全部飲み干さないとダメという方は、そのようにします。

また、飲んでいいよ、と言わないうちに、お客様の飲み物や食べ物を自分の口に運びません。
たばこをお吸いになる方なら、さりげなく、「失礼いたします」とそっとライター、もしくはマッチを 
近づけますが、マッチならば 片方の手を添えるようにして たばこに火をつけます。

団体でいらっしゃっている場合、おひとりでお見えの場合、いろいろありますが、その場その場に応じ、
出しゃばらないようにしてます。
また、ご気分が悪そうだな と感じたら、早めの対応をします。

・お店の中の人間関係
  
お店の中の人間関係が悪いとお客様にはすぐわかってしまいますので、これはいつも心がけています。
派閥を作らない、もめごとを作らない、みんな仲良し。
あくまでライバルですが、それでも和気あいあいとした雰囲気は大切です。
何かあったら、絶対にお互い仲間なので助け合いも必要。なので人間関係については、中も外も同じように心がけて行動していないと、お客さまあってのお店なので、明るくアットホームな雰囲気づくりも大切です。

・普段の心がけ
服装・身だしなみ・におい・髪型 外見においても、見た目が大切なのでお風呂は毎日、洗髪も毎日、自分磨きは常に 必要です。
洋服の乱れ(ボタンなどの外れそうなものとか修繕も大切)にも気を配ることも大切ですね。
常に情報や流行、話題になりそうなものはないかなどなど、アンテナをはっておかないとお話しにならないので、新聞、インターネット、テレビ、雑誌などから情報を取り入れます。
言葉遣いに関してはマナーの本を読み、大人として恥ずかしくないように勉強してます。
 

・自分を磨く努力

資格を取ったり読書をしたり、勉強すること、常に前に進むこと、心も体も磨くこと、筆まめになること、でしゃばらず、謙虚に。そして明るく話題豊富に経験をつむことは常に大切です。

自分磨き

未分類

キャバ嬢になるには、見た目が良いことも大切です。
しかし、お客様は様々なタイプを求めて来店されますので、必ずしも、見た目だけが一番大切ではありません。

お客様はトークを楽しみにご来店されるかたもいらっしゃいます。
あなたも、その日によって機嫌があるように、お客様にもその時々で、機嫌が違います。
お仕事がうまくいった日、うまくいかない日。あなたに癒しを求めてくる日、一緒に笑い合いたい日。
あなたの周りの異性も、様々な好みのタイプがいるように、お客様も求めるものが一つではありません。
最低限の、清潔感はとても必要となりますから、身なりはきちんと整えてくださいね。

①キャラクター。
しっとりとした雰囲気の女性が好きなかた、
きゃぴきゃぴとした明るい女性が好きなかた、
穏やかな癒し系が好きなかた、
みんなでわいわいと盛り上がりたいかた、
二人で仲良く(しっとり)飲みたいかた。

同じお客様でも、日によって気分も性格も違うことがありますので、一つのキャラクターを持つのもいいですが、様々なキャラクターを持つことをおすすめします。

キャラクターを複数持つことでいろいろなタイプのお客様とお話ができます。
これは売り上げに直結しますので、身に着けるととてもいい技術となりますよ。

②世の中の流れを知る。
様々なタイプのお客様がいらっしゃるので、キャバ嬢も勉強が必要となります。
ニュースで勉強するもよし、新聞で勉強するもよし、人から学ぶもよし。

芸能の話題だけで持つお席もありますが、経済や社会の流れを知っておくと、どんな話題にも対応できます。
お酒が入っているとはいえ、お客様は昼間は会社で立派に働いています。
その男性たちの会話についていけることで、様々なお客様とお話できますし、ご自身の成長にもつながります。

ご接待でいらっしゃるお客様もいらっしゃいます。
力関係を即座に見抜く力もキャバ嬢には必要になります。

自分に必ず返ってきますので、ぜひお勉強してみてください。

③見た目を磨く。
自分に合ったお化粧方法、衣装、スタイルの確立をする。

ヘアメイクさんがついてくれるお店も多いです。
プロの手を借りながら、自分磨きができる。見た目があか抜けるとお客様からの評判もぐっとあがります。

始めはお店のレンタル衣装からのスタートでも、お気に入りの自分だけの衣装を持てるようになる日も頑張ればきますので、ぜひ、お仕事しながら、自分磨きをしてみてくださいね。

④気遣いができる。
女の子とお酒が飲めて、楽しい時間を求めてはいますが、昼間は立派に働いている男性たち。
女の子の気遣いもきちんと見ています。

一人でご来店することもありますが、かっこをつけて、会社の部下や後輩をつれてくることもあります。

そんなときに、彼のメンツをつぶさないためにも、大切なお客様が今、何を求めているかを瞬時に読み取る技術や気遣いが必要となります。
この気遣いは、日常生活にも必ず役に立ちますので、磨いて損はありません。

意外と真面目な子が向いている

未分類

キャバ嬢というと、可愛くて美人でなければ、、なんてイメージがあるかもしれませんが、
意外とそうでもないんです。
小太りで顔もそこそこな女の子が、今月の売り上げナンバーワン!になったり、美人のキャ
バ嬢と1位、2位を争ったりするんです。

そんなキャバ嬢は、やっぱりマメだし気遣いもできるし、とにかく明るい。
そして、親しみやすいのにけしてガサツじゃない。
そんな子が人気を独り占めしたりするんです。

頭の回転が早いのはもちろん、話題も豊富。
だから、お客さんとの変な沈黙に陥ることもないんです。
それでお客さんが楽しくなるんです。

キャバクラに行く男性は、やっぱり普段の生活の中では出会えない、若くてキレイな女性と
たわむれたくてって言う人も多いですが、癒しや楽しさを求めてくる人も多いんです。

そんな時、愛嬌のある明るい話題の絶えないキャバ嬢は男性にとって、楽しくて落ち着ける存在
なんて感じになるんです。

かといって、ブスでもいいんだぁ とか ぽっちゃりでもいいんだぁってわけではないんです。
これは、あくまで性格が良くって話題が豊富で機転がきくっていう前提あってこそです。

外見はちょっと、あれだけど、、という人は、中身を磨く努力や常にいろんな情報を頭にいれてお
くっていうことをしたりしなければいけないんです。
いくら美人でも、気取ってたらお客さんなんかつきませんしね。

あと、キャバ嬢にとって重要なのが、記憶力の良さです。
座ったお客さんの顔を見て、本来だった名前や年齢、職業くらいはすぐに思い出してさり気なく
「○○さぁ~ん」なんて言ってみたり、「あの仕事どうなったんですか」なんて、話題にして、
覚えてるよってアピールするとけっこうポイント高いですからね。
更には、誕生日や初来店日なんかも覚えておいて、「お祝いしよ」なんて言えるようになれば、
お客さんも徐々に増えるはずです。

でも、やはりキャバ嬢の基本は華やかで可愛くてキレイであること。
最初の印象で、お客さんから「お、あの子いいな」って思って選んでもらうためには、外見は
やっぱり重要なんです。
だから、日々美容磨きも休むことができません。
いくら暗い店内でも、お客さんと顔を近づけることの多いキャバ嬢は、肌をキレイに保ってお
きたいし、誰よりも華やかなドレス着こなすためには、ダイエットだってしたい。

キャバ嬢は、外見も内面も磨かないといけない、意外と大変なお仕事なんですよ。
だから、けっこう真面目で根性のある子が大勢するんです。

キャバ嬢経験者が教える!夜の世界で人間関係をうまくやっていく方法

未分類

キャバ嬢というと、どんなイメージがあるでしょうか。
女だらけの世界で怖い?人間関係が大変そう?
確かにそのイメージは近いものがあると思います。

ただ、あなたの心がけで働きやすい職場にすることはできます。
今日は、キャバ嬢経験者の私が、夜の世界で人間関係をうまくやっていくのに
大事なことをお伝えします。

<先輩、同僚キャバ嬢との接し方>
キャバ嬢が初めてで、何もわからず心細いこともあるかもしれません。
でも、誰でも彼でも相談したり、プライベートを話すのは、あまりよくありません。
自分の知らないところで、その内容が漏れることがあるからです。

一緒に働いている女の子や、お店の男性、またはお客さんに話されてしまうことがあります。
感じがよい女の子でも、親身になってくれる女の子でも、
すぐに何でも話すのはリスクがあります。

とはいえ、一切、自分のことを話さないこともよく思われませんので、
最初はキャバ嬢初心者であることのほかは、好きなアーティストなどの当たり障りのない内容にとどめて話すといいと思います。

一定の距離感を保ちながら接することをおすすめします。
これは、経験者からのアドバイスです。

<お店の男性社員との接し方>
お店の男性社員は、あなたのことをよく見ています。
どのくらいやる気があるのか?どのような接客をするのか?

キャバ嬢の中には、やる気はないけどお金は欲しいというタイプの女の子がいます。
そんな中、仕事に真摯に取り組むあなたがいたら、
いいお客さんにつけてあげよう、困っている時は助けてあげよう、と思ってくれます。
つまり、効率的に稼げるようになります。
そう思うと、お店の男性社員との関わり方は大事ですね。

「でもあまり仲良くしていると、ほかの女の子から媚びを売っていると思われそう・・・」
そうなのです。そこは注意したいところ。

ではどうしたらいいのでしょう。
お店の中で直接関わるのは、最低限にします。

「私は仕事をしに来ている」という意識で接客している姿を見せます。
それから、勤務時間以外の連絡には、迅速に対応することです。
キャバ嬢は、不規則な生活や掛け持ちの生活をしている女の子もいて、
連絡の反応が遅いことがよくあります。

なので、なるべく早く返事をすることが、いい印象を持ってもらえるきっかけになります。
そのように、男性社員と関係を築いていくことで、
周りの女の子に妬まれることなく、気持ちよく働くことができます。

<最後に>
いかがだったでしょうか。
どれもちょっとしたことですが、このちょっとしたことを
知っているか知らないかだけで、先々の結果が変わってきます。

人間関係をうまくやっていくことで、気持ちよく働いてくださいね。

「楽しく稼ぐ!」人気キャバ嬢になれる3つのテクニック

未分類

「私にキャバ嬢ができるのかな?」
「どうしたら人気キャバ嬢になれるかな?」

経験がないと、あれこれ考えてしまい、踏み出せないことがあると思います。
今日は、誰でもできる「人気キャバ嬢になれる3つのテクニック」をご紹介します。

<テクニック1:いつも笑顔>
お客様は話を聞いてもらいたい、癒されたいという気持ちで来店されます。
そのとき、笑顔で迎えられるだけで、気持ちが良いものです。

ムスッと暗い雰囲気の女の子よりも、ひまわりのようなパァ~っと明るい笑顔の女の子の方が魅力的です。

お客様の席についている時はもちろん、お客様の席につくのを待つ”待機”の時間も、
笑顔を心がけてみてください。見ている人は、見てくれています。
私はそれで場内指名をもらっていました。
キャバ嬢を始めたばかりのときには、特定のお客様がいませんので、特に使えるテクニックです。

働いてみるとわかりますが、いつも不機嫌な表情で”待機”している女の子が多く、
笑顔でいるだけで目立つので、笑顔でいることはお得です。

<テクニック2:とにかく聞く>
次は、「とにかく話を聞く」ことです。
“話を聞く”というのは、実は奥が深いのです。
「へぇ~そうなんだ」「すごいね~」と相づちを打てばいいものではありません。
心のない返答は相手に伝わってしまうものです。

まっすぐ目を見て、お客様の話を真剣に聞く。これでOKです。
それだけで、「この子はなんていい子なんだ!」「聞き上手!」と思ってもらえます。
聞いた上で、相づちを打つと、とても響きます。

お客様の話をきちんと聞く前に、自分の話をしているキャバ嬢は多く、
「まずは聞く」ということができるだけで、周りと大きく差が開きます。
私は見た目に自信がなく、ビジュアルに劣等感がありました。
でも、お客様の話を聞くことを意識していたら、指名が増えるようになりました。

<テクニック3:親近感ボディタッチ>
テクニック3つ目は、心の距離をグッと縮めるボディタッチです。
あまりべたべた触ると、軽い女だと思われてしまうので、
親近感を持ってもらえるくらいのボディタッチがおすすめです。

例えば、話が盛りあがり「おもしろい~!」と言うときに、
お客様の肩をトントンと触る、または、真面目な話のときは、
「それで・・・どうなったの?」と膝をトントンと触るという具合です。

私たち女子が思うよりも、効果があります。
これができれば、次の指名につながること間違いなしです。

<まとめ>
最後にまとめます。

◇いつも笑顔
◇とにかく聞く
◇親近感ボディタッチ

この3つを実践することで、あなたも人気キャバ嬢に仲間入りです。
どれも難しいことではないので、ぜひやってみてください。
お客様を増やし、たくさん稼いでくださいね。
素敵なキャバ嬢ライフが始まりますように。

洞察力を身に付けよ!!

未分類

夜のお仕事が初めての方や慣れていない方。
これから働こうか迷っている方。

お仕事に入る前に身構えてしまったりいつもの自分と全然ちがう…
良い所、面白い部分を全然出せてないという方は結構いらっしゃるんではないでしょうか!?

そのままではきっと続かないし、疲れます。
出勤するのがおっくうになります。

自分自信が楽しむ事もこの仕事を続けて行くには大切な事です。

もちろん、接客業なのでそれぞれのお客様によっていつもと違う自分も多少は演出しないといけない場合もあります。

例えば、
普段は面白くない事を話されたらハッキリ『面白くない!!』と答えるあなた。
いつものまま答えて、とても受けが良いお客様もいらっしゃいます。
逆に、『失礼だ!』と怒らせてしまうお客様もいらっしゃいます。

このお仕事はいかに洞察力を身に付けるかで変わってきます。
しっかり観察する事です。
お客様が何を欲しがっているか、何を満たしたくて来られているのかが見えてくると接客も楽しくなります。

暇つぶし、寂しいから、うさばらし、彼女が欲しい、女の子と喋りたい
ただ単に付いてきただけ。

来られる理由は色々あると思います。

ただ隣に座ってるだけではなにもお客様の情報は入ってきません。
じゃあ何をお話したらいいの!?って新人さんは必ず疑問に思いますよね。

ありきたりな質問を上げると、
『お住まいどこですか?』
『何歳ですか?』
『お仕事は何をしているんですか?』
この質問内容には既に沢山の女の子にお答え済みです。
別に面白くもありません。
上記の内容は何時でも聞けますし、お話していれば話の流れで出てきます。

『最近笑ったのいつですか?』
『最近キレた事あります?』
『朝何チャンネルの番組見てますか?』
とかの質問の方が案外話が続きます。
話している間にSっぽいのかMっぽいのかも見えてきます。
ナルシストなのか、実はかまってちゃんなのかなども見えてきます。

お客様がこんな感じの人って分かってきたらそのお客様への接客の仕方も分かってきますよね。

『夜のお仕事だから!!』と、あまり身構え過ぎずに本来のあなたらしいキャラクターも大切に。

お仕事なので楽しくない日ももちろんあります。
でも、知らないうちにお客様に教えて頂いていることは沢山あります。
自分が楽しくないとお客様を楽しませる事は難しいです。
自分が無理し過ぎていると長続きはしません。

しっかり洞察力を身につけてお客様の情報を引き出して楽しんで頂きましょう。

気配りと女性らしさをアピール

未分類

私は残念ながら人気のあるキャバ嬢ではありませんでした。
しかし同じ店で働く女性がナンバーワンの売り上げを稼ぐ女性だったのでいつも彼女を観察していました。
そうするとナンバーワンになるためにはそれなりに努力しているんだなということがよくわかりました。

まずはとても清潔感のある女性ということ。

いつも彼女のそばにいくと、嫌味でない、良い香りがしました。
聞いてみると、香水をつけすぎると香りがきつすぎるのでシャンプーで自然と香るようにしているとの答えでした。
そのためまずは彼女と同じシャンプーを試しに使ってみて、気分によっては違うアロマシャンプーに変えてみたりしてみました。
私はたばこを吸わないのでたばこを吸っている子よりは肌がきれいなので、それだけはお客様から好評でした。偉そうにたばこを吸っていると態度が大きい、生意気と見えるので
できれば女性は吸わない方がいいと思います。

営業電話はしつこくならない程度にかけているようでした。
きちんと電話番号を整理整頓して、まめに連絡を入れるのがいいようです。

もちろん同伴などはしつこくお願いしないことです。
食事をおごってもらったときはオーバーなくらいお礼を言います。

そしてやはり大事なのは笑顔です。
あまりべたべたお客様の体に触れるのはよくありませんが、手を握る、寄りかかる程度ならいいかもしれません。

よくチップを要求する子もいるようですが、それは基本的に禁止事項です。
お客様からお小遣いをあげると言われても丁寧に断りましょう。あとでトラブルになることもあるからです。
プレゼントも高額なものは断った方が賢明です。
突然返してほしいと怒りだす方もいます。

そして一番気を付けなくてはならないのが、他の女性の指名客を露骨に奪うことをしてはいけないということです。

そこで、気軽に指名チェンジするようなお客様は気まぐれなのであまりあてにはなりません。
女性キャスト同士のけんかにも発展しかねないので、人のお客さまには手をつけないのは鉄則でしょう。
実力で勝負できる女性がナンバーワンになれます。それはどこのお店では一緒ではないでしょうか?
当然ですが、枕営業などはもっての他です。
丁重にお断りするとともに、肉体関係を強要するお客様の場合はボーイさんを呼んで対応してもらいましょう。まれにストーカーのように女性を待ち伏せする方もいますので、その場合はボーイさんに迎えに来てもらうなど対策が必要になります。
いずれにせよ一人で悩みを抱え込まずにお店のスタッフに相談することが大事だと思います。

すぐできる!人気キャバ嬢になるためのたった1つのテクニック

未分類

キャバ嬢という仕事に興味はあるけれど、「外見は普通だし・・・」「話も特別おもしろくないし・・・」と、
自分にできるのか躊躇している女性もいると思います。

今日は、ちょっとした所作で、ほかのキャバ嬢と差をつけて人気になるテクニックをご紹介します。
「これならできそう」と思えたら、きっとあなたにもキャバ嬢ができると思います。

何をするかというと、それは、<心をこめたお酒作り>です。
水割りを作る時、多くのキャバ嬢はこのように作ります。

グラスに氷をガツガツ入れる

お酒をドボドボと注ぐ

水を注ぐ

マドラーでグルグルかき回す

氷がグルグル回っている状態で、グラスを差し出す

この動作を客観的に見ると、実は雑に見えます。
では、<心をこめたお酒作り>とは、どのようなものかというと、
次のような所作です。

グラスに手を添えて、もう片方の手で氷を静かに入れる

お酒のラベルが上になるように瓶を持ち、グラスに注ぐ

水をゆっくり注ぐ

マドラーでお酒と水をやさしく混ぜ、<マドラーの動きを止める>

グラスをお客様のコースターに置く

ここでのポイントは、マドラーの使い方=<マドラーの動きを止める>ことです。

グルグルかき回しっぱなしではなく、マドラーをグルグル→ピタッと止めることで、
品のある雰囲気が出せます。
お客様のグラスを大事に扱うことで、お客様は自分のことも大事にしてくれるのではないかと期待します。

このちょっとしたことで、「お!この女の子はほかの子と違う」ということで目を引くことができ、同時に気を引くことができます。

このことに気がついたのは、私がキャバ嬢になって少し経った頃のことでした。

どうしたら、お客様に指名してもらえるようになるのか?
人気のキャバ嬢と、そうでないキャバ嬢を観察していた時期がありました。

すごくかわいいのに、全然指名されないキャバ嬢がいました。
いつも愚痴ばかりで、お酒の作り方もがさつでした。

一方、顔は普通でしたが、いつも指名が入るキャバ嬢がいました。
ニコニコ接客しているのはもちろんですが、何だか全体的に色っぽいなと思いました。

そう見えるのは、何でだろう?と考えたとき気がついたのが所作のキレイさでした。
お酒の作り方が丁寧で、お酒を作っている姿も魅力的でした。

外見は簡単に変えられないけれど、これなら私にもできそう!と試してみました。
すると、お客様の見る目が変わってきました。
お客様は”女性”を求めて来ているので、”女性らしい”ということが、武器になるのですね。
外見が普通でも、おもしろい話ができなくても、
少しの気遣いで人気のキャバ嬢になることができます。
特別な技術はいりませんので、ぜひ試してみてくださいね。

あなたもなれる!男性から好かれる女子になろう!キャバ嬢のススメ★

未分類

「キャバ嬢」と聞いて、どんなことを思い浮かべるでしょうか?
「お給料がいい」「女性間の派閥がすごそう」「美人しかできない仕事」などなど・・・たくさんあると思います。

キャバ嬢のお仕事はとても華やかですし、お給料もいいです。「私、ブスだから・・・」と思って、働きたくても働けない!という方もいるかもしれません。でも、ちょっとした心がけや意識で自分自身が変化していきますし、社会人の方でしたら男性社員の心をつかめるようになったり、学生の方なら社会勉強の1つとして勉強になる環境かと思います。

キャバ嬢になるには、必ずしも「美人」でなくていいのです。
自分のことよりも相手の立場になって考えられたり、
楽しんでもらいたい・癒したいというような気持ちを普段から持っている方であれば、あなたが醸し出す雰囲気で十分。
人に優しくありたい、この気持ちを持っている方であれば・・・大丈夫です!!

お客様の前で気を付けていることは、言葉使い。
タメ口はNGです。
ただ、お客様によってタイプが違うので、仲良くなったら「タメ口でもいいよ」と言って下さる方もいるので、臨機応変に対応しましょう。自らタメ口になるのはいけません。

そして話すペースが速いと、いつも通りの口調になってしまうかもしれないので、お仕事の時は、少しゆっくり目のペースで話すことを意識すると、注意しながら話すことができると思います。

あとは「におい」についてです。
万人受けするにおいはないので、あまり強く香水をつけることはオススメしません。

お店の中での人間関係は、お店によっていろいろかと思います。
人気のキャバ嬢が威張っていることもあります。お店選びは重要になってきます。

標的にされないようにする、というのも疲れてしまいますが、あまり気にしないことをオススメします。
最低限の挨拶や着替えなどをする部屋でちょっとしたお話ができる環境であれば、少し話す。率先して話すことをしなくてもいいかと思います。ただ、キャバ嬢はお客様のお席にヘルプでつくこともありますので、まったく交流しない、というのも、お客様の前でギクシャク感が伝わってしまいますので、気にしない程度に交流できたら、と思います。

普段からキャバ嬢で働く意味であったり、お客様の前でこうありたいと考えたり、意識を持つことは大切です。
新聞を読んだりネットのニュースを見たりと情報収集も大事です。
話し方を気を付けてみたり、立ち姿はどうか、歩き方はどうか、隅々チェックするようになりました。

キャバ嬢になると、きれいな女性を多く見る機会が増えます。
そのため、自分ももっときれいになりたい!と思う気持ちにさせられます。

メイクを勉強しなおしてみたりネイルをして爪先まできれいにしたり、エステに通って、肌を磨いてみたりするようになります。
すこし働いてみると、キャバ嬢になる前に自信がなかった自分と打って変わって、自信が少しでもついてきます。また、少しの自信がさらに自信をつけようと、向上心もあがってきます。そういった「頑張る女性」こそ、男性は放っておかないのです!

人気ものになるぞ!と思って意気込みすぎても、心が疲れてしまうことがあるので、
まずはついたお客様に対して、素直に甘えてみたり、わからないことは聞いてみたりしてみてください。